GX推進法成立から1年。国内外におけるカーボンプライシングの動向

昨年5月に成立したGX推進法(脱炭素成長型経済構造への円滑な移行の推進に関する法律)ですが、「ニュースでは見たが、環境担当者の実務にどのような影響があるのかわからない」「製造部門や調達部門へどのような指示・情報共有をすべきかイメージできない」という方がほとんどではないでしょうか。

GX推進法が制定された背景には、海外で急速に進むGX投資に追随しながら、産業競争力を高める意図があります。特に影響が大きい施策は「成長志向型カーボンプライシングの導入」です。企業が排出するCO2に対して負担金が課されることになりました。企業によっては脱炭素施策への投資をせざるを得ない状況に置かれる一方で、自主性に任される部分もあるため、環境担当者にとって判断に悩むポイントが多分に含まれています。

本セミナーでは、企業におけるGHG排出量の算定方法について解説したのちに、脱炭素社会の実現に向けた取り組みである「カーボンプライシング」と「カーボンクレジット・証書」に焦点を当て、国内外の動向を紹介します。 特に、カーボンプライシングの基本的考え方や日本のGX法の特徴、カーボンクレジット・証書の市場動向を解説していきます。

なお、別途8/22(木)に予定しているウェビナーでは、非化石証書・J-クレジット・グリーン電力証書について深掘りする予定です。各クレジット・証書の市場動向や将来的に考えられる動きも紹介します。

8月1日(木)締め切り

こんな方におすすめです

  • GX推進法についてしっかり理解したい
  • カーボンプライシング制度に対する自社の対応方針を考えたい
  • カーボンクレジットや証書の活用方法について知りたい

開催概要

  • 開催日時:2024年8月1日(木)11:00 ~ 11:55
  • 開催方法:オンライン(Zoom)
  • 主催  :八千代エンジニヤリング株式会社
  • 参加費 :無料

タイムテーブル

11:00~11:05

主催者挨拶

八千代エンジニヤリング株式会社 本田雄暉

 

11:05~11:25

GHG算定の方法やGHG排出量削減の取り組みについて

八千代エンジニヤリング株式会社 本田雄暉

 

11:25~11:45  

GX推進法成立から1年。国内外におけるカーボンプライシングの動向

八千代エンジニヤリング株式会社 喜多川権士

 

11:45~11:55

質疑応答

 

お申し込み

※同業者の方のお申し込みはご遠慮いただいておりますので、あらかじめご了承ください。

セミナーに関するお問い合わせ

八千代エンジニヤリング(株) サステナビリティNavi

03-5822-6800 | sustainability-navi@yachiyo-eng.co.jp

8月1日(木)締め切り

ページのトップへ戻る